葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

葉酸の効果

妊娠中に欠かせない「葉酸」の効果について解説しています。

妊娠中に摂りたい葉酸の効果とは?

水溶性ビタミンの一種である葉酸は、妊活期から授乳期まで積極的に摂取することが勧められている栄養素です。

こちらでは、葉酸の具体的な効果についてまとめています。

神経管閉鎖障害のリスクを軽減する

胎児の先天性異常である「神経管閉鎖障害」は、脳や脊髄をつくる神経管がふさがってしまう疾患。葉酸が欠乏すると、発症するリスクが高まってしまいます。

神経管閉鎖障害になると、神経組織に異常をきたすことで、発達障害下肢の運動障害膀胱機能障害を引き起こすリスクが高まり、無脳症となることも。

葉酸を十分摂取し、神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減させることによって、これらの病気を予防することができるのです。

ダウン症のリスクを軽減する

葉酸は、DNAの合成に深く関わっています。葉酸を摂ることによって、染色体異常によって起こるダウン症のリスクを軽減させる働きがあることが分かっています。

着床を促す

葉酸は、細胞分裂を助ける働きをします。受精卵を着床させるために重要な子宮内膜の環境を整えます。

受精したとしても、着床しなければ妊娠には至りません。受精した卵子は、その瞬間から細胞分裂を繰り返しているため、妊娠1週目がもっとも葉酸を必要とする時期です。

流産のリスクを減らす

妊娠中に葉酸が不足すると、胎児へ新鮮な血液を送ることができなくなり、流産のリスクが高まります。

妊娠中は胎児の分の血液も必要になることから、通常に比べ約2kgの血液を増やす必要があり、葉酸を摂取することで流産リスクを軽減することができると言われています。

つわりを軽減させる

妊娠中は交感神経と副交感神経のバランスが崩れがちになるため、つわりの症状が起こりやすくなると言われています。

葉酸とビタミンB12を一緒に摂取することで、自律神経が整い、つわりを軽減させることができます。

普段から葉酸を摂ることが大切!

妊娠中の母子にとって、葉酸は非常に大事な栄養素です。妊娠中に限らず、葉酸には美容・健康の面で重要な働きをします。さらに、葉酸とビタミンB12を同時に摂ることで、軽症期のアルツハイマーを改善することも実証されました。妊娠しているかどうかに限らず、摂取を心がけるとよいでしょう。

しかし、葉酸は水溶性のビタミンのため、熱や水に弱く、食事から摂ってもおよそ50%しか体内に吸収されません。不足しがちな葉酸を効率よく摂るため、食生活の改善とあわせて葉酸サプリを飲むことをおすすめします。

<ママ活を応援する葉酸サプリを徹底リサーチ>


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円