葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

含有量400μgを満たしているか

このページでは、1日の葉酸の摂取量の目安について紹介していきます。妊活中や妊娠中、授乳中など時期によって葉酸の摂取目安量も異なるので、チェックしてみてくださいね。

妊娠前・妊活中

妊活中における葉酸の摂取量の目安は1日400μg(マイクログラム)です。 これは、子宮内膜を厚くすることで着床率を高めたり、受精卵を保護するなどの効果を得るためです。

この1日400μgという葉酸摂取の推奨量は妊娠4ヶ月頃まで続き、流産のリスクを軽減させたり、赤ちゃんの神経管閉鎖障害や自閉症のリスクを低減させます。

また、赤ちゃんの発育を促したり、ママの貧血予防としても働いてくれます。

気をつけたい葉酸の過剰摂取

葉酸は妊活・妊娠・授乳期に特に積極的に摂取したい栄養素です。 しかし、多く摂れば摂るほどよいのかというと、そうでもありません。

葉酸は、例え毎日の食生活で過剰摂取してしまったとしても、不要な分は尿などで排出されるとされています。 しかし、吸収率の良い葉酸サプリで摂取する場合には、過剰摂取しないように気をつけることも大切です。

1日に葉酸を1000~10000μg(マイクログラム)つまり1~10mg摂取すると「葉酸過敏症」を引き起こす可能性があり、発熱やじんましん、食欲不振や不眠症などの症状が現れることがあります。

葉酸サプリを活用する場合に気をつけたいのは「飲み忘れてしまった」と言って、1日の摂取量を超えるような飲み方をしないことです。

また、海外製のサプリメントを取り寄せる場合には、日本製のサプリと違って1粒で適正量を超えてしまうようなものもあるので要注意です。

くれぐれも1日の適正量を守って服用しましょう。 そうすることで、母子の健康を促し、様々なリスクから守る大きな味方になってくれます。

妊娠中期・後期

1日の葉酸摂取量の目安は240μgになります。 この頃の葉酸は、流産・早産のリスクの軽減、ママの貧血や妊娠高血圧症候群の予防の働きをしてくれます。

授乳期

造血作用により良い母乳を作ったり、産後の子宮回復力アップにつながるため、1日100μg(マイクログラム)の葉酸の摂取が理想です。

<妊活中に摂りたい葉酸サプリのランキングを見る>


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円