葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

妊婦に必要な栄養素が入っているか

葉酸はビタミンB群に属する成分。単体で摂取するよりも、他のビタミンB群の栄養素と一緒に摂取することで、助け合いながら効果を発揮します。つまり葉酸は、他のビタミンと一緒に摂ることが重要なのです。

また、妊婦さんの場合、摂らない方がよい成分などもあります。厚生労働省の日本食事摂取基準をもとに、栄養素が選ばれているかどうかも大事なポイントです。

葉酸

ビタミンB12と協力して血液を作るために必要な赤血球を作りだすことから、造血作用があるとされています。タンパク質や遺伝子を作るのに欠かせない栄養素です。

赤ちゃんの正常な発育のためにも重要なビタミンで、不足すると神経管閉鎖障害などの先天性異常を引き起こします。

モノグルタミン酸型葉酸

食品由来のポリグルタミン酸型葉酸は水に溶けやすく、加熱によって失われやすい特徴があるのに対し、健康食品に含まれているのはモノグルタミン酸型葉酸。食品由来のポリグルタミン酸型葉酸に比べると、体内での吸収率は約2倍です。 厚生労働省でもモノグルタミン酸型の葉酸を摂取することを推奨しています。

鉄分

妊婦の貧血を予防するために必要な栄養素です。 体内へ酸素を運ぶ役割をする赤血球。その赤血球を作る材料になるのが鉄分だからです。効率よく吸収するためにはビタミンCも必要なので、一緒に摂取するとよいでしょう。

カルシウム

骨や歯のもとになる栄養素。胎児の発育のために母体のカルシウムが使われるため、母親は積極的に摂取したい栄養素です。

不足すると母体の骨から溶け出し、赤ちゃんに与えようとしてしまいます。 産後の健康のためにも妊娠・授乳期からしっかりカルシウムを摂っておきましょう。

ビタミンD

細胞の増殖や分化にも深く関わっていることから、妊娠期のビタミンDの働きについても注目されるようになってきました。 ビタミンD濃度が低いと

  • 妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症にかかりやすくなる
  • 低出生体重児が生まれやすくなる
  • 小児ぜんそくにかかるリスクが高くなる

などの心配があります。

ビタミンC

鉄分の働きを助け、胎児の血管・骨を形成する必要不可欠な栄養素。 脳の発達に深く関係し、不足した場合、海馬の発達が未熟となる場合も。 母体にとってはビタミンCが不足すると、免疫力がダウンして風邪をひきやすくなります。

ビタミンB6

つわりの軽減をさせるために効果的と言われているのがビタミンB6です。 産院や婦人科でつわりを軽減するために用いる点滴にもビタミンB6が含まれています。

ビタミンB12

葉酸の吸収率を上げる働きをし、葉酸と一緒に血液中に含まれる赤血球やヘモグロビンを生成する働きもします。

<妊活・妊娠中におすすめな葉酸サプリを比較しました>


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円