葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

安全性や信頼性

このページは葉酸サプリの選び方のポイントである「安全性と信頼性」に焦点をあてて紹介していきます。

<安全性が高い葉酸サプリ!おすすめランキングを見る>

品質管理が徹底された「GMP認定工場」で生産されているかどうか

消費者である私たちが何かの製品を購入しようとするとき、その製品がどんな工場で、どんな工程を経て製造されているかを知ることは難しいですよね。

もしかしたら、雑菌や埃などによる汚染の対策が十分に行われていない工場で作られているということも考えられます。

出荷される商品によって、成分やその含有量が表示通りではなく、ばらつきがあるということも考えられるのです。

そこで重要なのは「GMP認定工場」で製造されているかどうかということです。

GMP(Good Manufacturing Practice)とは適正製造規範と訳され、原料の仕入れから製造・出荷までのすべての過程において製品が安全に作られ、なおかつ一定の品質が保たれるよう定められた規則とシステムのことです。

医薬品では、製薬メーカーに義務として課せられているものですが、化粧品業界や食品製造業界においても自主的な取り組みが始まっています。

葉酸サプリの品質の良し悪しの決め手になりますので、GMP認定工場で作られているものを選べば品質は安心といえるでしょう。

「残留農薬」検出試験済みであること

無農薬の野菜が原料であったとしても、厳密に言えば飛散農薬の影響を受けていないとも限りません。

原料が無農薬で栽培されていたとしても、近隣の畑が農薬を使っていたとしたらその影響を受けてしまうからです。

大事なのは無農薬栽培の原料を使っているかよりも、残留農薬の検出試験を受け、それでいて問題がないかどうかなのです。

放射能セシウム検査

近年、環境汚染や放射能汚染は社会問題にもなっています。

特に妊婦さんやこれから妊活を始める女性は、関心の高い問題ではないでしょうか。

セシウムは妊婦さんにとって百害あって一利なし

葉酸サプリは自身だけではなく、お腹の子のためを思って摂取されている方が多数です。

そんな中セシウムが含まれてしまっているサプリを摂取した場合、胎児にhあ多くの悪影響が出てきてしまいます。

とくに先天性異常などの障害をもって生まれてくる可能性は否めません。

基本的には基準値をクリアしている

葉酸サプリだけでなく、口にする食材は基本的に基準値をクリアしたものばかりだと言われています。

(国で基準値を設けており、基準値を下回るものは市場に出回らないような仕組みになっている)

神経質になりすぎるのはよくありませんが、心配になる気持ちも十二分にわかります。

葉酸サプリの場合は公式HPの記載の有無で判断

前述のとおり基本的には大丈夫ですが、公式HPにきちんと記載があるかを必ず確認しましょう。

「安全性は高いです」としか書かれていない商品よりも、検査名(セシウム検査や試験合格証など)まで記載されている商品は安全性が高いといえるでしょう。

商品を買う前に必ず公式HPで確認することが重要です。

<安全性が高い葉酸サプリ!おすすめランキングを見る>


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円