葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

HOME » 【特集】妊活中から妊娠サプリを飲もう

【特集】妊活中から妊娠サプリを飲もう

妊活中に摂取したい栄養素は?

妊活中にぜひ摂取したい栄養素「葉酸」の特徴や効果について紹介します。

葉酸の特徴

葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ほうれん草やレバーなどに多く含まれています。水に溶けやすいビタミンであると同時に、加熱料理にも弱く、体内での吸収率もあまり良くないので、食品から摂取することが難しいビタミンです。

ですから、厚生労働省は天然葉酸ではなく合成葉酸の摂取を推奨しています。葉酸サプリなどから摂取する合成葉酸の方が、体内での吸収率が良いということがわかっているからです。

葉酸の効果

食品から摂取することが難しい葉酸ですが、私達の体にとってとても大切な働きをする栄養素です。

細胞分裂やDNAの合成を促すだけでなく、ビタミンB12と一緒に働いて赤血球を作ることから、造血作用があることでも知られています。

「妊活中に摂取したい栄養素は?」について、さらに詳しく>>

妊活中の体に働く葉酸の効果

葉酸は、妊活中からどのように体に働きかけてくれるのでしょうか?詳しく解説します。

妊娠しやすい健康な体をつくるために

葉酸は粘膜の形成にも大きく関わる栄養素です。口や鼻の中が粘膜で覆われているのはご存知ですよね。実は子宮の中も子宮内膜という粘膜で覆われています。粘膜は細胞の生まれ変わりが早い部位です。

葉酸が不足していると、粘膜の生まれ変わりが促進されない状態になってしまいます。古く弱った細胞でできた子宮内膜は、受精卵をきちんと着床させる力が弱くなってしまうのです。

子宮の状態を健康に保ち、受精卵が着床しやすい子宮内膜を作るためには、葉酸やビタミンB12などの栄養素は必須なのです。

葉酸摂取によって回避できる赤ちゃんのリスク

葉酸には、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果があると言われています。神経管閉鎖障害というのは、赤ちゃんの脳や脊髄が正常に形成されないことによって起こる先天性異常のひとつですが、この他にも、

  • 二分脊椎…脊髄の癒合不全
  • 脳瘤…脳に腫瘤ができる
  • 無脳症…脳の発育がすすまない

などがあります。

実は近年、日本国内で赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症率が増加傾向にあるということがわかっています。このことから、葉酸の重要性が注目されているのですね。

「妊活中の体に働く葉酸の効果」について、さらに詳しく>>

葉酸は妊娠に気づいてから摂取したのでは遅い!?

妊娠すると、お腹の中で成長していく胎児の細胞分裂を促す目的で葉酸を摂取される方も多いでしょう。

妊娠中に貧血気味になりがちな母親のためにも、葉酸とビタミンB12を摂取することによる造血作用で貧血を予防するという効果もあります。

しかし、葉酸が注目され始めた背景には、「生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らす」というものがあります。

このように、先天性の赤ちゃんの障害の発症リスクを低減させる目的で葉酸を摂取する場合は、摂取しはじめる時期について注意が必要です。赤ちゃんの先天性の障害は、その多くの場合が妊娠10週までに発生するからです。

女性の身体の中では、排卵をして卵子が受精した瞬間から、受精卵がものすごい勢いで細胞分裂を始めています。活発に細胞分裂を繰り返しながら子宮頸管を通って子宮内膜に到達し、着床することで妊娠が成立し、胎盤ができ始めます。母親が妊娠に気づく前に、赤ちゃんの体を形成する各器官の発達が始まっているのです。

妊娠周期の数え方

妊娠は、最終月経日を0週0日と数えます。例えば不妊治療をしている人でも、医師が「着床しました」と診断してくれるのは妊娠3週目ということになります。

自然妊娠の場合、「生理が遅れているな」と気づいて、妊娠検査薬などで妊娠したかどうかを確認してから婦人科を受診される方が多いと思いますが、その場合には、妊娠3週目を過ぎてから気づくというケースがほとんどです。

赤ちゃんにとって葉酸が最も必要な時期は妊娠4週から6週頃ですから、妊娠に気づいてから葉酸サプリを飲み始めるよりも、妊娠を望んだときからその可能性に備え、葉酸サプリを飲み始めることをおすすめします。

生理不順の女性の場合、妊娠に気づいた頃には、もう6週を過ぎていた、ということも大いに考えられるのです。

厚生労働省が「妊活中から葉酸を摂るべきである」と推奨しているのも、赤ちゃんの先天性障害のリスクを低減させるためなのです。

あなたがもし妊娠6週目を過ぎていたとしたら

妊娠した後よりも妊娠前から葉酸を摂取したほうが、赤ちゃんの障害発症リスクは下がります。この事実を妊娠後に知ってしまった場合には不安になりますよね。もし、お腹の中の赤ちゃんに障害があったりしたら…。悔やんでも悔やみきれない気持ちになってしまうかもしれません。

「葉酸は妊娠してから摂取すればいいものだと思っていた!」
「妊娠しているけど葉酸を飲んでこなかった」

あなたがもし、妊娠6週目を過ぎていたとしても決して焦る必要はありません。今からできることを考えましょう。

前述した通り、葉酸には細胞分裂やDNAの合成を促すだけでなく、ビタミンB12と一緒に働いて赤血球を作る造血作用があります。今もお腹の中で赤ちゃんの成長は続いているのです。赤ちゃんの発育を促がす目的で、ぜひ今からでも葉酸サプリを摂取してくださいね。

これから摂取された葉酸は、流産リスクを低減させたり、母体の貧血を予防したり、妊娠高血圧症候群の予防のために働いてくれます。

男性も積極的に葉酸を摂るべき理由

実は女性だけではなく、男性も葉酸を摂った方がよいのはご存知ですか?葉酸をきちんと摂取している男性は、精子の質も高いようです。

逆に、葉酸をほとんど摂取していない男性の精子だと、妊娠率も低下するとか・・・。女性だけではなく、お互いが協力し合って妊活していくことが大事なようです。

「男性も積極的に葉酸を摂るべき理由」について、さらに詳しく>>


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円