葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

葉酸サプリを飲むタイミングは?

 AFC葉酸サプリ妊活中や妊娠中の女性に必要な「葉酸」を手軽に摂取できる葉酸サプリですが、飲むタイミングや一緒に摂取するものによっては吸収率が大きく変わってしまうのをご存じでしょうか?

こちらのページでは、葉酸サプリを飲むもっとも効果的なタイミングについて解説しています。

葉酸の吸収率がいちばん高いタイミングで飲む

葉酸サプリは薬ではないので、飲む量やタイミングが明記されていません。

サプリメントは、薬事法によって「食品」と定められています。

あくまでも健康補助食品であって、薬のように効果・効能を明言することができないため、飲むタイミングを指定することができないのです。

「食間」に飲むのがベスト

「薬ではないのだから、いつ飲んでもよいのでは?」と思った方も多いと思いますが、葉酸サプリは「食間」の摂取がおすすめ。

さらに、一気に飲むよりも、何回かに分けて飲むとより効果的です。

葉酸は水溶性のビタミン。水に溶けやすいので、一度にたくさん摂取しても吸収できなかった分は尿として排出されてしまいます。

そのため、少量をこまめに摂取したほうがよい栄養素なのです。

食事のときに食品から葉酸を摂取し、数時間経ったら葉酸サプリを飲む。

これが、より効果的に葉酸を吸収させる飲み方です。

胃腸が弱い方は注意!

空腹時である食間は、胃液の分泌が少ないので、錠剤が胃の負担になる場合もあります。

胃腸が弱い方は、胃の負担を抑えるため、食後に飲みましょう。

葉酸サプリをお茶やコーヒーで飲むのはNG!

葉酸サプリは「水」で飲みましょう。胃に入ってから溶けやすい「ぬるま湯」もおすすめです。

お茶で飲むのはNG!緑茶に含まれるカテキンは、殺菌作用や抗酸化作用もあるので積極的に飲むようにしてきた女性も多いと思います。

しかし、妊活・妊娠期に飲む場合には注意が必要です。カテキンには、水溶性ビタミンである葉酸の働きを阻害する作用があるからです。

コーヒーもNG。コーヒーは「1日2杯程度なら摂取しても問題ない」という産婦人科医や管理栄養士も多いですが、カフェインをたくさん摂取すると、流産・死産のリスクが高まります。

カフェインは鉄分の吸収を妨げるので、葉酸サプリをコーヒーで飲むのはやめましょう。

気を付けたい!ほかの薬との飲み合わせ

葉酸サプリはほかの薬と一緒に飲むと吸収率が下がってしまうことがあります。

そのため、飲み合わせには十分に注意しなければいけません。

吸収率を下げる恐れのある代表的な薬は以下になります。

  • アスピリン
    解熱鎮痛剤のことです。市販の痛み止めに配合されていることも多いので要注意。葉酸の働きを弱めてしまいます。
  • ピル
    ピルには葉酸の吸収率を下げる作用があります。また、葉酸もピルの効果を半減させてしまうのです。副作用というより、ピルと葉酸はそれぞれの効果を半減させると覚えておきましょう。
  • トリメトプリム
    尿路感染症の治療に用いられる合成抗菌薬です。葉酸の働きを阻害するため、効果を得にくくなります。
  • バルビツール
    不眠症の治療に使用されるパルピツールは、体内で葉酸が働くのを阻害します。
  • スルファサラジン
    大腸炎やリウマチなどの治療に使用される薬です。葉酸の吸収率を下げる効果があります。

サプリメントや薬は、約4時間で体外へ排出されるといわれています。

飲むタイミングを4時間以上ずらせば、これらの薬を飲んでも問題ないでしょう。

ほかのサプリとの飲み合わせは?

妊活中や妊娠中は、葉酸以外にもたくさんの栄養を摂る必要があります。

しかし、葉酸サプリとほかのサプリメントを同時に摂取することはやめましょう。

サプリメントは薬とは違って、健康食品です。その歴史は浅く、研究もまだ発展途上の段階。

成分同士の相互作用に関しては知られていないことがたくさんあります。

作用が明らかにされていない複数の物質を同時に使用するのは危険

特に妊娠中の女性が葉酸サプリを飲むということは、胎児にも影響する可能性があるので注意が必要です。

複数の栄養素が含まれているサプリならば大丈夫!

サプリメントの併用は危険ですが、ひとつのサプリメントに複数の成分が入っているものは成分同士の相互作用が検証されているので安全といえます。

いろいろなサプリメントを組み合わせて栄養素を補いたいと考えている人は、多くの成分が多く入っている葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

他の成分との相性は?

葉酸サプリは一緒のタイミングで摂ってはいけない成分がある一方、同時に摂取したほうが良い成分もあります。

ビタミンB6

妊娠中はビタミンB6の摂取がとても重要。妊娠初期の2~3ヶ月の間は、半数の女性がつわりや嘔吐などで苦しんでいます。

アメリカの産婦人科学会(ACOG)では研究結果に基づき、妊娠中のつわりや嘔吐の治療にビタミンB6を推奨。

ビタミンB6は胎児期から乳児期の脳発達や免疫機能にも関わっている大事な栄養素です。

ビタミンB12

ビタミンB12は「造血ビタミン」とも呼ばれ、葉酸が赤血球のヘモグロビンを作る際に必要になる成分です。

どちらかが不足すると、貧血を引き起こす恐れがあります。

また、葉酸とビタミンB12を組み合わせて摂ることで、胎児の中枢神経系の成長が促進され、先天性欠損のリスクを減らせるのだそうです。

精子の数と活動率にも影響を与えるので、男性も摂ったほうが良い成分といえます。

鉄分

葉酸には血液を作る「造血作用」がありますが、この働きは葉酸だけでは成り立たず、鉄分が加わって初めて血液を作ることができるのです。

そのため、鉄分と葉酸は一緒に摂ったほうが良いといえます。

一緒に摂取することで相乗効果をもたらすことができるこれらの成分は、意識して葉酸とともに摂るようにしましょう。

飲むタイミングよりも大事な事

葉酸サプリは飲むタイミングも大事ですが、それ以上に大事なのは「継続して飲み続ける」ことです。

妊活中から授乳期間まで、長い期間飲むことがすすめられています。

葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、摂取したとしても毎日体外へ排出され、体内に蓄積することが難しい成分です。

そのため、中断することなく継続して飲み続けることが大切。

葉酸が常に体内にある状態にすることで、赤ちゃんへのリスクを抑えることができます。

妊娠前・妊娠中・授乳中では必要な葉酸の摂取量が異なるので、状態に合わせた量を摂るようにしてください。

葉酸サプリを飲むタイミングに関してのまとめ

葉酸サプリを飲むタイミングや飲み合わせについて、以下のことが言えます。

  • 食間に飲むのがベスト
  • 水以外で飲まないほうが良い
  • ほかの薬との飲み合わせに気を付ける
  • ほかのサプリとの併用はおすすめできない。
  • 継続が大切
葉酸サプリは、食間に水で飲むようにするのがおすすめです。 朝・昼・就寝前、それぞれの食間で飲むと体内に取り込みやすくなります。 ただ葉酸サプリを飲むのではなく、ほかの成分との飲み合わせや効果的な時間帯などを意識することで、葉酸の効果を最大に発揮することが可能です。

葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円