葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

ビタミンB12

 ビタミンB12は、水に溶けやすい水溶性のビタミンのひとつ。

葉酸と一緒に血液にあるヘモグロビンの生成をサポートし、悪性貧血に効果を発揮します。

野菜や果物にはほとんど含まれず、肉類や魚介類などに多く含まれる成分です。

このページでは、ビタミンB12のはたらきや摂取すべき理由、含有量の多い食品についてまとめました。

ビタミンB12のはたらき

葉酸とともに血を作ったり臓器を成長させたりするビタミンB12。

そんなビタミンB12に関して、詳しく紹介していきます。

血液を作り出す働き

「赤いビタミン」と呼ばれるビタミンB12には、葉酸と一緒に骨髄で赤血球中のタンパク質「ヘモグロビン」の生成をサポートする働きがあります。

ヘモグロビンは身体の隅々まで酸素を運ぶ役割を持ち、不足すると貧血を引き起こす物質

ビタミンB12は鉄分と同じように貧血予防に不可欠な栄養素なのです。

血液を作り出すことで、血行を良くしたり、動脈硬化を防いだり働きもあります。

また、ビタミンB12には血液中の赤血球が減少したり、異常に大きな赤血球ができる「巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)」を予防したりする効果も期待されています。

生殖臓器との関係

ビタミンB12には、生殖臓器にあたる卵巣・胎盤・子宮の細胞の成長や働きに必要な栄養素です。

不足すると早期流産を引き起こす可能性があります。

受精卵の着床を邪魔するエストロゲンの分泌に大きく関わっているのです。

女性だけではなく、男性の精子の数や活動率にも影響しています。

葉酸とビタミンB12

葉酸とビタミンB12は水溶性ビタミンB群と呼ばれる栄養素の仲間で、働きとして大きな違いはありません。

どちらも血液を作り出したりDNAの合成や再生に関わったりしてます。

同じ働きをもっている葉酸とビタミン12ですが、一緒に摂取することを推奨されています。

同じ働きをもっているのに、なぜ葉酸とビタミン12どちらも摂る必要があるのでしょうか。

葉酸とビタミン12を一緒に摂取することが推奨されている理由は、同時摂取によってお互いの働きを助けるからです。

お互いの働きを助け合うことを栄養素の相乗効果と言いますが、相乗効果が生まれると単体で摂取するより高い効果を得られます。

葉酸との同時摂取で生まれる相乗効果

ビタミンB12は葉酸と同時に摂取を行なうと鉄分の吸収率が高まり、妊娠中によくなりがちな貧血の予防が可能。

理由は、葉酸と摂取することで、血液を作り出すヘモグロビン生成のサポートしてくれるからです。

妊娠中は赤ちゃんに栄養分を届けるために血液の巡りが重要になります。

しかし、血液で栄養素を運ぶため妊婦さんは貧血になりやすい傾向にあります。

そのため、ヘモグロビンを生成するビタミンB12の摂取は必要不可欠なのです。

血液以外の働きも

ほかにも、ビタミンB12には妊活・妊娠中に不可欠な栄養素「葉酸」の吸収率をアップさせる働きがあります。

葉酸と一緒に摂取すると、血液中にあるホモシステインの働きが正常化。

ホモシステイン値が高くなると、血流が悪くなって動脈硬化や高血圧を引き起こす要因になります。

ビタミンB12は動脈硬化と高血圧も予防できるのです。

乳幼児にビタミンB12が不足して「ビタミンB12欠乏症」になってしまった場合、発育障害・運動障害・特有の成長遅延・悪性貧血を引き起こすリスクがあります。

これらのリスクを下げるためにもビタミンB12を積極的に摂取しましょう。

母体に嬉しい効果が効率良く得られるので、葉酸とビタミン12は単体ではなく、一緒に摂るように心掛けましょう

ビタミンB12を多く含む食品一覧

ビタミンB12を多く含む食品を紹介します。

魚介類

食品 含有量
しじみ

62.4μg

赤貝 59.2μg
すじこ 53.9μg
あさり 52.4μg

海藻類

食品 含有量
味付けのり 58.1μg
焼きのり 57.6μg
青のり 31.8μg
あおさ 1.3μg

肉類

食品 含有量
牛レバー 52.8μg
鶏レバー 44.4μg
豚レバー 25.2μg
牛小腸 20.5μg

推奨摂取量と上限摂取量

ビタミンB12の1日の推奨摂取量は、18歳以上の男女ともに「2.4μg」と言われています。

妊婦の場合は「+0.4μg」、授乳中の方は「+0.8μg」が理想です。

(参考サイト:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」より

ビタミンAやビタミンDなどには上限摂取量が設けられていますが、ビタミンB12には特に設けられていません

しじみ・赤貝・いくらといった魚介類、レバーなどの動物性食品に多く含まれています。

ビタミンは、茹でたり油を使って調理したりすると、食品から流れ出てしまうものです。

しかし、ビタミンB12の場合、茹でる・焼く・揚げるの調理を行っても、食品の含有量はほとんど変わらないのだとか。

食事にバランスよく取り入れて、上手に摂取しましょう。

ビタミンB12の過剰摂取

ビタミンには、取り過ぎると身体に影響を及ぼすものがあり、上限摂取量が設定されています。

しかし、ビタミンB12は過剰に取っても必要以上に身体に吸収されることはないので、上限摂取量も設定されていません。

通常の食事で取り過ぎる心配はないので、積極的に取り入れましょう。

ビタミンB12の欠乏

十分にビタミンB12を摂取していないと、「ビタミンB12欠乏症」という症状を引き起こします。

疲れやすい・体力の低下・便秘・食欲不振と体重減少といった症状だけではなく、悪性貧血「巨赤芽球性貧血』になる恐れも。

また、痺れや手足がチクチク痛みなどといった神経障害の症状も現れることがあります。

記憶力の低下・うつ病・精神錯乱・平衡感覚障害・認知症なども、ビタミンB12欠乏症によって引き起こされる症状だと言われているのです。

乳幼児の場合、発育障害・運動食害・ビタミン欠乏症特有の成長遅れ・悪性貧血などの症状を引き起こす恐れがあるため、ビタミンB12不足には特に注意が必要です。

かなり極端な偏食をしなければ不足することはありません。

ただ、胃腸の手術をしてビタミンB12の吸収が難しい方・胃腸に異常がある方・魚肉類が苦手な方・ベジタリアンといった菜食主義の方は、不足する可能性があるので要注意です。

ビタミンB12と葉酸サプリ

ビタミンB12をかんたんに摂取するなら、葉酸サプリがおすすめです。

葉酸サプリにはビタミンB12が含まれているので、葉酸サプリを飲用すれば自動的にビタミンB12も摂取することができます。

葉酸サプリでビタミンB12を摂取する際、必ず確認してほしいのは葉酸サプリの成分表です。

葉酸サプリの商品によってビタミン12の含有量が大きく違うので、必要な摂取量が含まれているかチェックしましょう。

理想のビタミンB12の摂取量を把握したうえで、摂取量と含有量が同程度のものであれば問題ありません。

葉酸サプリはビタミン12を摂取できるほか、妊活中や妊娠中に摂っておきたいビタミンCやカルシウムも一緒に取り入れることができます。

母体にも赤ちゃんにも優しい栄養素がたくさん含まれている商品を選ぶと◎ですね。

たくさんの栄養素が含まれているサプリ

当サイトではたくさんの栄養素が含まれている葉酸サプリを紹介しています。

妊活中の方や妊婦さんは必要な栄養素というのが多いです。すべて食事で補おうとするのは難しいためサプリを上手にかつよう

気になる方はチェックしてください。

ビタミンB12を摂取したほうがいいまとめ

いかがでしたか?ビタミンB12は摂取した方が良い理由がわかったと思います。

  • 血液を作り出す
  • 血行を促進させる
  • 葉酸の吸収率を上げる
  • 悪性貧血を防ぐ
  • 乳児のビタミンB12欠乏症を予防する

食品から単体で摂取するのもいいですが、妊娠や妊活の際には他の栄養素も必要。

効率よく摂取したい方は葉酸サプリがオススメです。ビタミンB12が含まれているものを選びましょう。

ビタミンB12が含まれてる葉酸サプリもランクイン!
おすすめランキングはこちらから


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円