葉酸サプリ、妊娠サプリ、妊婦サプリの賢い選び方を紹介します!

ビタミンB6

妊娠中の方に摂取をおすすめしたいビタミンB6のはたらきについて調べてみました。

妊娠中にビタミンB6の摂取が推奨されている理由や、過剰摂取や欠乏によって引き起こされる症状についてまとめています。

ビタミンB6の正しい摂取方法がわかるので、気になった方はぜひ読んでください。

ビタミンB6のはたらき

水に溶ける水溶性ビタミンの一つであるビタミンB6。

食品の中に含まれているタンパク質からエネルギーを生成して、血液や筋肉をつくるはたらきをもっています。

こちらでは、妊娠中になぜ妊娠中に摂取すると良いといわれているビタミンB6の効果についてご紹介します。

つわり軽減の効果

妊娠初期の症状として現れるつわりを軽減させる効果が、ビタミンB6にはあります。

日本産科婦人科学会の報告によると、1日5~60mgビタミンB6を摂取することで、嘔吐を軽減できるそうです。

軽減できる理由は、ビタミンB6がもつたんぱく質やアミノ酸を分解する力にあります。

妊娠中の吐き気は、アミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝不良が原因。

トリプトファンの改善には分解力があるビタミンB6が有効なので、そのことからつわり軽減に効果があると言われています。

③ビタミンの投与

水溶性ビタミン B,C が減少し,糖質を中心とした輸液はビタミン B1の消費を増大す

るのでビタミン B1の投与(10~100mg日)を行う(Wernicke 脳症*の発症防止).ビタミ

ン B6は悪心,嘔吐を緩和するといわれ,これの補給(5~60mg)も有効である.

(参考資料:日本産科婦人科学会レポートより

赤ちゃんの脳の発達に影響

ビタミンB6は脳神経の発達に効果があると言われています。

米国の調査によると、妊娠中にビタミンB6の仲間である水溶性ビタミンB群を摂ったお母さんと、摂らなかったお母さんでは、生まれてきた赤ちゃんのIQに大きな差が出ました。

4歳の時点でビタミンB群を摂った赤ちゃんのほうが、IQが8.1も高かったそうです。

妊娠中に摂取すると赤ちゃんの脳神経の発達に繋がるので、なるべくビタミンB6は補っておくようにしましょう。

貧血を防ぐ

貧血を防ぐためには欠かせないヘモグロビンは、鉄分とたんぱく質でできています。

どちらか一方でも欠けてしまうと生成はできません。

ヘモグロビンが不足していると貧血を起こしてしまうので、十分な生成を行なう必要があります。

生成を促すには、たんぱく質の再合成を補助するビタミンB6が有効。

ビタミンB6を摂取すると、安定した数値のヘモグロビンを生成することができます。

葉酸とビタミンB6

厚生労働省が妊娠中の方に摂取をおすすめしている葉酸には、胎児の発育を促す働きがあります。

発育を促すことで奇形を予防する効果も期待できるので、妊娠中の方は積極的に摂取していきたい成分です。

葉酸は水溶性ビタミンB軍の一種ですが、ほかにも摂っておきたいビタミンがあります。それがビタミンB6です。

【葉酸と一緒にビタミンB6を摂るべき理由】

ビタミンB6には妊娠初期に起こるつわりを軽減する効果があります。

妊娠中の方の体調を整えるほか、ビタミンB6には葉酸同様、胎児の奇形を予防する効果があるので、葉酸と一緒に摂取するのがおすすめです。

葉酸とビタミンB6の相乗効果は、ほかにも色々とあります。

アミノ酸の一種であるホモシステインは、過剰に身体に残っていると心筋梗塞や脳卒中といった重大な疾患を引き起こす危険が高いですが、葉酸とビタミンB6を一緒に摂取するとホモシステインの血中濃度を下げることが可能です。

それだけでなく、葉酸とビタミンB6は鉄分の吸収率も高めてくれます。

メリットがたくさんあるので、妊娠中の方はぜひ積極的に葉酸とビタミンB6を摂取しましょう。

ビタミンB6を摂取したい理由

ビタミンB6を積極的に摂取することで、つわりの軽減・貧血対策といった妊婦の体調を整える手助けをしてくれます。

妊娠中は母体より赤ちゃんに栄養を届けるように体が変化するため、どうしても妊娠中は栄養不足になりがちです。

妊婦さんが栄養不足になると、貧血や妊娠初期の症状として現れるつわりが発生し、健康への直接的な影響が起きてしまいます。

こうした症状を軽減させるには、ビタミンB6が必要不可欠です。

【ビタミンB6の働き】

ビタミンB6はたんぱく質の吸収を補助し、貧血予防のカギとなるヘモグロビンを安定して生成することができます。

さらに葉酸とビタミンB6を一緒に摂ることで鉄分の吸収率も高めてくれるので、意識して摂り入れると良いでしょう。

鉄分の吸収率を高めるほか、ビタミンB6には嘔吐を軽減できる効果も報告されています。

妊娠中はアミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝不良が原因でつわりが起こりますが、ビタミンB6を摂取することでアミノ酸の代謝改善に繋がり、つわりによる嘔吐を軽減。

ビタミンB6は母体の健康に欠かせない栄養素なのです。

【赤ちゃんのメリット】

ビタミンB6は母体だけでなく、赤ちゃんにとってもメリットが大きい成分です。

ビタミンB6を妊娠中に摂取すると赤ちゃんの脳神経の発達に繋がるといわれていて、葉酸と一緒にビタミンB6を摂ると、赤ちゃんの発育を促し奇形を予防できるといわれています。

ビタミンB6は妊婦さんだけでなく、赤ちゃんにも良い影響を与えてくれる成分なのです。

健康な赤ちゃんは健康な母親から生まれます。日々の食事にビタミンB6をプラス。

食事からの摂取で足りないようなら葉酸サプリを追加と、摂取量を常に意識して元気な赤ちゃんを産む準備をしていきましょう。

ビタミンB6を多く含む食品一覧

ビタミンB6を多く含む食品にはどのようなものがあるか紹介します。

野菜類

食品 含有量
とうがらし

3.81mg

マッシュポテト(乾) 1.01mg
干ししいたけ(乾) 0.45mg
エリンギ 0.81mg

海藻類

食品 含有量
するめ 0.34mg
いかの塩辛 0.31mg
たらこ 0.27mg
すじこ 0.23mg

魚介類

食品 含有量
マグロ(びんなが) 0.94mg
かつお(秋摂り) 0.76mg
いわし 0.68mg
塩さけ 0.58mg

肉類

食品 含有量
牛肉(レバー) 0.89mg
鶏ひき肉 0.68mg
かも 0.61mg
豚肉(レバー) 0.57mg

推奨摂取量と上限摂取量

ビタミンB6の推奨摂取量と上限摂取量は、年齢や性別によって変わります。

  • 【推奨摂取量:男性】
    1~11歳……0.5~1.2mg(年齢が上がるごとに、約1mg増加)
    12~70歳以上……1.4mg
  • 【上限摂取量:男性】
    1~11歳……10~30mg(2つ年を重ねるごとに5mg増加)
    12~49歳……40~60mg
    50~70歳以上……50mg
  • 【推奨摂取量:女性】
    1~11歳……0.5~1.2mg(年齢が上がるごとに、約1mg増加)
    12~17歳……1.4mg
    18~70歳以上……1.2mg
  • 【上限摂取量:女性】
    1~11歳……10~30mg(2つ年を重ねるごとに5mg増加
    12~14歳……40mg
    15~69歳……45mg
    70歳以上……40mg

ビタミンB6の過剰摂取

普通の食事でビタミンB6を過剰に摂取してしまう心配はありません。

しかし、ビタミンB6に分類される化合物「ピリドキシン」には注意が必要です。

長期に渡って大量に摂取した場合、神経障害を発症させる恐れがあります。

ほかにも手足のしびれや痛み、といった症状が見られる場合もあるので、不安な方は厚生労働省が定めている摂取量の確認をしましょう。

食品に含まれているビタミンB6は、調理方法によって含有量が変化するので注意してください。

上限量は年齢や性別によって変わってくるので、量を守って過剰摂取を防ぎましょう。

ビタミンB6の欠乏

成人でビタミンB6が欠乏していると、神経系の異常や皮膚炎を起こす危険性が高いので注意が必要です。

神経系だと脳波異常・けいれん発作・うつ状態に陥り、皮膚炎だと口角炎・湿疹・舌炎になってしまう可能性があります。

乳児がビタミンB6欠乏になった場合は、刺激に反応して極度の聴覚過敏やけいれんを引き起こすことも…。

健康に多大な影響があるので、大人も子どもも適度にビタミンB6を摂取する必要があります。

ビタミンB6と葉酸サプリ

赤ちゃんのためにも積極的に摂取しておきたいビタミンB6ですが、毎日食事から摂るのはなかなか大変な作業になります。

そこでおすすめなのが、サプリメントからの摂取です。

ビタミンB6は葉酸サプリに含まれている成分の一つなので、葉酸サプリを飲むだけで手間なくビタミンB6を摂取することができます。

ビタミンB6が含まれている食品をチェックする必要がないので、煩わしさは一切ありません。

ただ、注意点として葉酸サプリによってビタミンB6の含有量が変わる恐れがあります。

1mg~40mgまでと商品によって数値が全く違うので、どれくらい含まれているのかチェックするようにしましょう。

B6以外に気にすべき栄養素は?

ビタミンB6だけでなく、葉酸サプリにはさまざまな栄養素が含まれています。

赤血球を生成するために必要なビタミン12、ビタミンCやカルシウムなどの成分です。

自分にあった葉酸サプリは何かをきちんと調べて、効率よくサプリを利用しましょう。

ビタミンB6を摂取したほうがいいまとめ

妊娠中にビタミンB6を摂取したほうが良い理由は、以下の通りです。

  • つわりが軽減される
  • 赤ちゃんの脳の発達に影響あり
  • 貧血防止

ビタミンB6は食事から摂れるほか、葉酸サプリでも摂取することができるのでおすすめです。

葉酸サプリを利用する際は、ビタミンB6の含有量をチェックするようにしましょう。

ビタミンB6が含まれてる葉酸サプリもランクイン!
おすすめランキングはこちらから


葉酸サプリ!
1日あたり
価格ランキング
AFC
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
AFC
1日あたり
の価格
60
120粒入り税抜1,800円
ララリパブリック
ララリパブリック
1日あたり
の価格
122
120粒入り税抜3,686円
ママニック葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ
1日あたり
の価格
167
120粒入り税抜5,000円